FEATURE01 決済サービスのさらに向こうへ

クレジットカード・デビットカード・電子マネー、さまざまな決済サービスに対応。
それだけでは、いままでの決済端末です。
「CAFIS Arch」は、インバウンド対応の決済サービスも可能です。
さらに、決済の周辺サービスまで1台でご提供します。つまり、決済端末の未来です。

Beyond The Payments 決済サービスのさらに向こうへ

※ クレジットカードでは、右記のブランドが利用できます。「VISA」、「Master Card」、「JCB」、「American Express」、「Diners Club」、「Discover Card」
※ 電子マネーの対応種類は、2017年までに順次拡大予定です。
※ 交通系ICシンボルマークは、交通系ICカード全国相互利用のシンボルマークであり、各交通系事業者の電子マネーが使用可能です。ただし、PiTaPaは電子マネー相互利用の対象外です 。
※ 台湾キャッシュカードは、2017年中の対応予定です。
※ 「CAFIS Presh」は個別のCLOサービスです。「CAFIS Arch」とのクーポン等の連携は、将来的に実現予定です。

インバウンド・地方創生のための最適なツール。

訪日外国人旅行者の約65%は、中国・韓国・台湾からのお客様。自国の主要な決済の利用を熱望しています。
単にクレジットカードが使えるだけでは満足ではありません。
訪日外国人旅行者は、クレジットカード利用時の為替変動を気にしています。
日本国内での買い物は、もちろん免税品が目当てです。訪日外国人旅行者の多くは、
免税手続きの煩雑さに不満を持っています。
「CAFIS Arch」を置くこと、それがもっとも簡単な解決方法です。
お店の方にも満足して頂ける仕組みも用意しています。

ありとあらゆる日本中のお店に役立ちます。

「CAFIS Arch」は、据置型、モバイル一体型、スマートデバイス連携型を用意しており、
さまざまな場所で利用できます。
さらに据置型は周辺機器を用意しており、お店に適したさまざまな組み合わせが可能です。
どれを選び、なにを組合せますか?

START

close

※スマートデバイス連携型は、2016年度中に市場投入予定です。

CAFIS Archは、柔軟性と拡張性に優れたクラウド型。

従来の決済端末は端末内に決済アプリケーションを実装していたため、新たな決済アプリケーションの追加、
削除には保守員派遣やセンドバックが必要でした。
「CAFIS Arch」は、決済アプリケーションを「CAFIS Arch」センタ側に保有するため、
「CAFIS Arch」センタ側に新たな決済アプリケーションを追加登録すれば、すぐに端末側で利用可能です。
やりたいことを、やりたいときに。必要なものを、必要なときに。

※追加する周辺機器や方式により、保守員派遣が必要な場合もあります。

CAFIS Arch端末 ラインナップ

据置型 本体 ピンパッド

液晶タッチパネルによる、優れた操作性・視認性をもつ
大型ディスプレイ採用。
周辺機器接続により、決済から免税処理・駐車券連携など
さまざまなサービスを実現。
インターネットによるスピーディーな処理の実現。

> 端末パンフレットはこちら
据置型 本体 ピンパッド

据置型 周辺機器

  • 非接触 IC (電子マネー)リーダーライター

    非接触 IC (電子マネー)
    リーダーライター

    各種電子マネー、NFCなどの
    非接触ICによる決済のために。

  • 電子サインパッド

    電子サインパッド

    クレジットサイン伝票の電子化のために。
    CAFIS DCC(多通貨決済)における
    国旗表示による通貨選択に。

  • バーコードリーダー

    バーコードリーダー

    駐車券連携などの
    バーコード読取りのために。

  • パスポートリーダー

    パスポートリーダー

    免税書類発行のための
    パスポートの読取りのために。

モバイル一体型

モバイル一体型

通信モジュール搭載。液晶タッチパネルによる、
優れた操作性をもつ大型ディスプレイ採用。
実用性と持ちやすさを兼ね備えたエルゴノミクスデザイン。
端末画面にて「電子サイン」を実現。「電子マネー」決済に対応。

※モバイル一体型の「電子マネー」は、2017年中に対応予定です。

> 端末パンフレットはこちら

スマートデバイス連携型

スマートデバイス連携型

お客様の業務で利用されているタブレット等と連携し、決済を実現。
通信は、タブレット等の通信機能を利用。ピンパッドカバーによる盗み見対策デザイン。
「電子マネー」決済に対応。

※「スマートデバイス連携型」は、2016年度中に市場投入予定です。
※スマートデバイス連動型の「電子マネー」は、2017年以降に対応予定です。

> 端末パンフレットはこちら

PDF DOWNLOAD

> CAFIS Archリーフレット

お店やお客様の負担を軽減するための仕組みのご紹介、端末ラインナップ、柔軟性と拡張性に優れたクラウド型の説明などが一つにまとまったPDFのリーフレットです。

(4ページ / 1.2MB)

> CAFIS Arch/INFOX取扱説明書

CAFIS Arch端末各種取扱説明書(アプリケーション編、ハードウェア編など)のダウンロードページにリンクします。

※取扱説明書は、すでにご契約の方対象です。

ページ上部へ