グローバル展開

トータルな海外接続を目指したAsian Payment Network(APN)

日本企業として初めてAPN加盟承認

  • 開発拠点であるタイAccellence社を起点として展開
  • アジアにおける新しいリテール決済
    ネットワークを目指すAPN

    APNは、「アジアにおける新しいリテール決済ネットワーク」を目指し2006年にASEAN主要国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ)の中央銀行主導により設立された団体で、2010年以降は非ASEAN諸国(韓国・中国・オーストラリア・ニュージーランド)、更にフィリピン・ベトナムも加盟し、各国間におけるリテール決済分野の新たな仕組みの検討・提供を行っています。

  • 日本企業として初めてNTTデータがAPNへ加盟

    NTTデータは、日系企業や邦銀のアジア進出が活発化するなか、アジア域内においてリテール決済サービスの必要性が高まるという想定からAPNへの加盟検討を続け2014年1月に加盟承認に至りました。

  • APN加盟によるメリット

    国内金融機関様はNTTデータが開発を予定しているシステムを通じて、APNに加盟している各国金融機関とオンラインで接続され、アジア・太平洋地域各国の観光客等訪日外国人が、日本国内において自国金融機関のキャッシュカードを用いて、現金の引き出しや銀聯サービスと同様にショッピングをすることが可能となります。また、日本人の海外渡航者がASEAN各国にて容易に現地通貨の引き出しを行うことが可能となります。

    タイやベトナムでの事業を通じて近隣諸国へのサービス拡大を図る
お問い合わせ・資料請求

サービスについて、導入について、
その他ご不明な点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求