不正取引検知サービス
CAFIS Brain®CAFIS Brain

サービス概要

近年、情報漏えいやフィッシング等で不正に取得された個人情報等を利用したオンライン上での”なりすまし”による不正取引手口が巧妙化しています。クレジットカード不正使用被害も上昇傾向にあり、インターネットバンキングも不正送金被害が留まることがありません。インターネット市場の拡大に伴い、新たな不正取引手口への対応が急務となっています。CAFIS Brainは、インターネット通販やインターネットバンキング、入会申込みや会員サイトログイン等において、エンドユーザーが操作する端末(パソコン、スマートフォン等)の情報を抽出し、取引情報と合わせて分析を行うことで、不正取引を精度高く検知するクラウドサービスです。

サービス概念図
サービス概念図
導入メリット
  • エンドユーザーデバイスの
    "見える化"と、
    豊富な不正判定ルール

    複数の特許技術を活用し、エンドユーザーのデバイスを精度高く識別します。また、600種類以上の豊富な不正判定ルールを活用することで、不正取引を精度高く判定致します。

  • エンドユーザーの
    ユーザビリティを
    損ねることなく不正判定可能

    エンドユーザーにパスワード等の追加入力を要求することはありません。また、エンドユーザー端末に特別な設定やインストールを行うこともありません。エンドユーザーの利便性を維持したまま不正判定が可能です。

  • スマートフォン専用
    アプリケーションも
    デバイス情報利用可能

    パソコンからの取引だけでなく、スマートフォン専用アプリケーションからの取引も、デバイス情報を利用した不正判定が可能です。

  • 国内データセンターを活用した安価なクラウドサービス

    NTTデータの国内ハイセキュリティ・データセンタを活用しているため、海外データセンターへの送信やデータ保管が不要です。また、クラウド型でのサービス提供のため、安価にご利用いただくことが可能です。

  • ルールチューニングや
    スコア変更を導入企業様
    自身で実施可能

    600種類以上ある不正判定ルールや、ルール毎のリスクスコアは、導入企業様自身で選択・調整することが可能です。日々変化する不正傾向に対し、タイムリーに対応していくことで不正取引を精度高く抑止可能です。

  • リンク分析機能を活用した
    不正判定業務効率化

    不正判定された取引と相関性のある取引を”芋づる式”に抽出することが可能です。疑わしいと判断した取引を一括で却下登録することで、不正判定業務を大幅に効率化することが可能です。

  • 共同ネガディブ
    データベースの活用による
    精度高い不正判定

    不正判定された情報を、導入企業間で共有するネガティブデータベースを提供致します。自社内での共有情報のみでなく他社情報も活用することで、更に精度高く不正取引を抑止することが可能です。

  • 海外で導入実績多数の
    不正判定エンジンを活用

    海外で多数の導入実績がある
    米国41st Parameter(フォーティファーストパラメーター)社のエンジンを利用しています。海外の最新不正動向や不正判定ノウハウを、自社業務に活用することが可能です。

活用事例
  • インターネット通販等における不正購買の検知を行います。デバイス情報の他に、購買者情報や、発送先情報、決済情報などを利用し、総合判定を行います。
  • インターネットバンキングにおける不正ログインを検知し、不正送金を未然に防止致します。デバイスを"見える化"することで、マルウェア対策ツールなどで検出できなかった不正送金取引も検知することが可能です。
  • インターネット会員サイトにおける、不正ログインの検知を行います。デバイス情報の他に、ログインID等の情報を利用し、総合判定を行います。
  • インターネットWeb申込(会員登録、カード入会申込み等)における、虚偽申込みや重複申込みの検知を行います。デバイス情報の他に申込情報等を利用し、総合判定を行います。
  • インターネットからの口座開設(銀行口座、証券口座等)における、虚偽申込みや重複申込みの検知を行います。デバイス情報の他に申込情報等を利用し、総合判定を行います。
導入実績

日本航空株式会社様
株式会社セブン銀行様
にて採用いただいております。

導入スケジュール

おおよその導入スケジュールは約3か月~4か月です。導入企業様のシステム改修スケジュールにより変動があります。