未来予測型次世代マーケティング支援プラットフォーム
CAFIS DMP

サービス概要

「CAFIS DMP」は、加盟店様のID-POS※1データとTwitter情報を組合せて分析することにより、購買データだけからは見えてこない消費者の心理や価値観、特性を導き出すマーケティングプラットフォームです。

従来の購買実績分析やアンケートやインタビュー分析は、消費者の一面を捉えることはできますが、真のニーズを捉えるには、日常的な行動を多面的に捉える必要があります。「CAFIS DMP」は、ソーシャルメディアの活用により消費者のインサイトを深堀りし、セグメント化することによって、真のニーズに沿ったone to oneの販促活動をバックアップ致します。

※1 ID付きのPOSデータ。従来のPOSデータの情報「どの店舗で、何が、いつ、いくつ、いくらで」に、「誰に売れたか、
  誰が買ったか」というID情報が付加されたもの。

サービス概念図
サービス概念図

各種分析のためのインプット情報および分析レポートの詳細につきましては、営業担当までお問い合わせください。

導入メリット
  • Tweet情報による真の消費者インサイトの把握が可能

    一般的な消費者インサイトのインプット情報はアンケートやインタビューですが、「CAFIS DMP」では、Tweet情報を利用することにより、消費者の日常的な行動をデータ化し、会話を観察、傾聴することができ、消費者の本音に近い心理状態を把握することができます。
    また、アンケートやインタビューと比較し、加盟店様の負荷なくご利用頂けます。

  • 総合的なマーケティング業務の改善が可能

    Tweet情報による「購買プロセスにおける顧客心理状況」の把握、また」ID-POSデータによる「ショッパー動向(誰が何を購入したいか)」の把握ができるため、総合的なマーケティング業務の見直しが可能となります。

  • ロイヤルカスタマ層の囲い込み・クロスセルの推進が可能

    真の消費者インサイトの把握によりきめ細やかな対応が可能となり、お店におけるロイヤルカスタマ層の囲い込みが可能となりクロスセルの促進が可能です。また、ロイヤルカスタマ予備軍の早期ロイヤルカスタマ層への移行とアップセル促進が可能です。

活用事例
  • 百貨店・ショッピングセンター・スーパーなどにおける、消費者インサイトの把握およびマーケティングの改善
  • カード会社等金融機関における、カード会員分析および販売促進施策の推進
導入スケジュール

営業担当までお問い合わせください。