収納聞機関向けコンビニ料金収納代行
コンビニ収納サービス

サービス概要

コンビニエンスストアでの料金収納を可能にするサービスです。当社が運営するASP型の収納代行サービスセンターをご利用いただくことで、24時間365日全国5万店舗のコンビニがお客様の支払窓口となります。各コンビニ本部とのシステム接続は不要で、収納金も弊社が取りまとめるため、簡易に導入でき、運用後のコスト低減が図れます。

サービス概念図
サービス概念図
導入メリット
  • 支払者の利便性向上

    顧客の支払い可能場所や可能時間が広がることにより、サービスが向上し、収納率の向上につながります。

  • 運用負荷の軽減

    顧客の支払いを確認するまでの期間を短縮でき(顧客の支払いの翌営業日には支払いを把握することができる)、センタにて各コンビニからの収納情報/資金を一つに取りまとめるので、消込み作業を軽減できます

  • スムーズな導入が可能

    ASPサービスのため、自社システムの改造をほとんどかけずに導入することができ、短期導入および運営コストの低減ができます。

活用事例
  • 地方公共団体(地方税・国民健康保険料・介護保険料・水道料金など)
  • 民間企業(通信販売代金・利用料金支払いなど)
導入実績
  • 東京都・神奈川県をはじめとする都道府県
  • 川崎市・名古屋市をはじめとする市町村
関連サービス・同時導入サービス

モバイルレジ

導入にあたって

ファイル受信用の端末とISDN回線が必要。(地方公共団体の場合はLG-WAN回線が利用可能)

導入スケジュール

概ね6ヶ月程度。

その他

地方公共団体向けのサービスとしては、トップシェア。都内23区中22区に弊社サービスを利用いただいています。