訪日外国人のお客様へ、店頭での自国通貨建て決済を提供(多通貨決済サービス)
CAFIS DCC

サービス概要

「多通貨決済サービス(DCC)」は、訪日外国人等のお客様がカード決済をする際に、「自国通貨建て」か「日本円建て」か、決済通貨を選択して頂くことが可能なサービスです。
通常、商品購入時点では円建てで決済し、後日、為替レート確定後に、自国通貨で換算された決済額がカード会社様等からお客様に通知されます。本サービスでは、商品購入時点で為替レートを確定させるため、従来の円建ての商品金額に加え、お客様の自国通貨建ての商品金額を表示し、お客様ご自身がどの通貨で決済するかを選択可能なため、為替変動リスクを心配することなく、お客様に安心してお買い物を楽しんで頂けます。
弊社決済端末INFOXをご利用の場合は、ソフトウェア更新でご導入が可能です。

スキーム概要図
スキーム概要図
導入メリット
  • 訪日外国人旅行客等の
    集客率がUP

    訪日外国人等のお客様の自国通貨決済が選択できるため、お客様に親切でわかりやすいサービスです。

  • 販売金額の為替リスク軽減

    カード決済時に為替レートを確定させるため、加盟店様では為替リスク無く、商品販売することが可能です。

  • 加盟店様の手間や負担を軽減

    決済時の加盟店様オペレーションは、決済通貨を選択する操作以外は、通常の円建てクレジットカード決済と同様です。また、カード会社様かたの入金も、従来通りの円建てのため、手間や負担が少なく導入しやすいサービスです。

活用事例
  • 複合商業施設など、訪日外国人観光客のショッピングが多い店舗。
  • 訪日外国人の観光客、ビジネス利用が多いホテルなど。
導入実績
  • 複合商業施設

    キャナルシティ博多様、マリノアシティ福岡様

  • ホテル

    シャングリ・ラ ホテル東京様、名古屋観光ホテル様、リーガロイヤルホテル様、レガロホテル様

関連サービス・同時導入サービス

INFOX端末(Panasonic社製ZEC-14及びJT-C16)

導入スケジュール

カード会社様の加盟店契約と連動しますが、おおよそ1か月で導入可能です。
POS対応の場合は、別途ご相談ください。

その他

CAFISセンタ間接続でもご利用可能です。