海外向けECサイトの外貨建て決済(多通貨決済サービス)
CAFIS MCP

サービス概要

「多通貨決済サービス(MCP)」は、加盟店様が海外向けECサイトにて商品を販売する際に、商品を購入する海外のお客様の自国通貨にて商品のご案内およびクレジット決済をすることが可能なサービスです。商品代金の加盟店様への入金は、日本円となりますので、外貨両替等の煩雑な処理が不要となります。
加盟店様は、弊社の「CAFIS センタ間接続サービス」または「BlueGate」で接続して頂くことにより、本サービスをご利用できます。

スキーム概要図
スキーム概要図
導入メリット
  • 海外向けECサイトにおける
    売上拡大

    海外向けECサイトにおいて、現地通貨で商品価格を表示するため、海外のお客様に受け入れやすくなります。

  • 円建てによる決済が可能

    商品販売額は加盟店様が決めることができ、決済に利用された海外通貨に関わらず円で入金されるため、加盟店様の負担が軽減されます。

  • システム開発負荷の軽減

    外貨建てお取引は、CAFISより海外ブランドネットワークに中継します。システム開発のための開示資料、システムに関するお問い合わせは、日本語でOKです。

導入実績

2011年4月、PeachAviation株式会社様の航空券販売サイトに導入。

関連サービス・同時導入サービス

「多通貨決済サービス(MCP)」では、様々なオプションサービスをご用意しております。詳細は、弊社までお問い合わせください。

  • カード番号預かりサービス

    カードホルダーのカード情報を当社でお預かりするサービスです。加盟店様にてカード情報の取り扱いが不要です。

  • 月額課金サービス

    海外ブランド向けの全件オーソリは、当社がオーソリ処理・売上データ作成を実施するため、簡便にクレジット決済が導入可能です。

  • 売上還元サービス

    カード会社様より精算される加盟店様との精算金額(日本円)を還元するサービスです。

導入スケジュール

おおよその導入スケジュールは約3か月~4か月です。加盟店様のWebサイト構築のスケジュールより変動があります。