信頼性の強化

お客様センタからの接続回線、中継ネットワーク網、弊社センタまで、すべてが2重化されています。

「CAFIS」は、1日に1,000万件を超える決済を処理していることから、サービスが1秒でも止まってしまうと多数のお客様が取引機会を失うことになります。
そこでCAFISでは、サービスの開始以来、”正確性、継続性、安全性”の向上に取り組んできました。取引量の増大や社会での重要性・環境変化に対応し2センタ化や複数サーバの設置、マルチキャリア化などの多重化・冗長化を図ることで、通信回線で障害が発生した場合、システムトラブルが起きた場合、システム更新時、いずれのケースでも正確・安全な決済取引が継続的に行えるよう、常に機能強化・設備増強を進めています。
さらにCAFISでは、クレジットカード会社様や金融機関様の取引状況を日常的に監視し、トラブルを検知した場合は速やかにお知らせし、お客様と一体となって決済取引全体の安定性を高めるよう努めています。
今後も、決済取引全体の安定性を高めることをめざして、ネットワークの強化に取り組んでいきます。

TCP/IP接続回線の2重化

CAFISセンタ間接続、INFOX-LAN、PastelPortのTCP/IP接続回線では、メインのIP専用線にバックアップ用の
フレッツ光回線を敷設することが可能です。
メイン回線やメイン回線用ルータが故障した場合、自動的にフレッツ光バックアップ回線に切替ります。

TCP/IP接続回線の2重化
中継ネットワーク網、CAFISセンタの2重化

弊社の中継ネットワーク網は、マルチキャリア対応によりネットワークの冗長化を実現しています。
また、CAFISセンタは、東京サイトおよび大阪サイトでの2センタ構成なっており、片方のセンタに故障が発生した場合でも、お取引の継続が可能です。
加えて、それぞれのサイト内における複数サーバ構成、サイト間を接続するネットワーク網もマルチキャリア対応となっており、どのような場合でも正確・安全な決済取引が継続的に行えます。

中継ネットワーク網、CAFISセンタの2重化