コード決済ゲートウェイ

国内外の一次元バーコード、QRコードに
1台の端末または1つのインタフェースで
マルチ対応を可能とします。

国内外の各種コード決済に一元対応

「コード決済ゲートウェイ」は、国内外のさまざまな一次元バーコード・QRコード決済に対応しており、今後も新しいコード決済に順次対応していきます。
また、CAFISの決済ソリューションであるCAFIS ArchやCAFIS PastelPortなどと連携し、加盟店様がより接続しやすいインタフェースやアプリケーションをご提供します。
加盟店様は多様な決済手段に対応して販売機会の損失を減少できるようになるとともに、お客様はより多くの店舗でより利便性の高い決済手段を選択して利用できるようになります。

コード決済種別はセンタ側で自動判定

「コード決済ゲートウェイ」では、お客様が提示したコード決済の種別をコード決済ゲートウェイセンタにて自動判別するため、加盟店店舗の店員様は、コード決済種別を意識することなく決済オペレーションが可能となります。これにより、加盟店様にて複数のコード決済に対応される場合の店員オペレーションの負荷が軽減されます。また。複数のコード決済を利用できるお客様は、自分が意図したコード決済以外で決済されてしまうリスクが無くなります。

加盟店様のニーズに応じた導入形態

「コード決済ゲートウェイ」は、加盟店様の既存システム等に応じて、複数の導入パターンから加盟店様のニーズに適した導入方法を選択することができます。
既に、「CAFIS Arch」や「CAFIS PastelPort」をご利用されている加盟店様は、少ないシステム投資で既存のArch端末やPOSに各種コード決済を導入※1することができます。また、コード決済のみを単独で汎用タブレット等で利用することや、コード決済専用端末にて利用することも可能です。